2世紀に渡り最高傑作の完成を目指しています

ルイ・ロデレールならではの爽快感と透き通るような上品さを得るために、シャンパーニュの土地でしっかりと育った芳醇なブドウを使用し、ワイン造りのプロフェッショナルたちが連携し、完璧なバランスを求めながら根気よくワインを造り上げています。

一貫して家族経営を続ける、現代では非常に貴重なシャンパーニュ・メゾン。

優れた企業家であったルイ・ロデレールは、1833年にメゾンを引き継ぐと、その卓越した洞察力でブドウの栽培に力を入れ、栽培から出荷に至るまで、「ワイン造り」のすべてを極めようとしました。彼は、ワインの独特なスタイル、個性、味わいを築き上げ、19世紀半ばには、シャンパーニュ地方でグラン・クリュ畑をいくつか獲得し、現代的なシャンパーニュ・メゾンとは全く対照的な方法でワイン造りを行ってきました。

他のメゾンがブドウを外から買い付ける中、ルイ・ロデレールは自社畑のブドウの生育にこだわり続け、区画ごとの特徴について造詣を深めたことで、最高の土地だけを厳選して獲得することができました。ルイ・ロデレールが描いた、「優れたワインはすべて、土壌の質、伝統に対する情熱、将来への鋭い眼差しによって生まれる」という基本理念によって、メゾンの名声と評判は確固たるものになりました。後継者であるルイ・ロデレール2世も彼と同じく聡明な人物で、きめ細やかなシャンパーニュ造り、代々伝わる畑の経営方法、天性の度胸を父親から受け継ぎました。

適切な土壌選びが、優れたワインを生み出す鍵となる。

彼は、自身の優れた洞察力で集めた様々な本や絵画からもインスピレーションを得ていました。1870年代に入ると、当メゾンはワインの輸出を開始し、アメリカだけでなく、ロシア皇帝アレクサンドル2 世のもとにも渡りました。

生まれ持っての研究者であり、卓越したセンスを備えていたルイ・ロデレール2世は、ロシア皇帝のために特注のシャンパーニュを造り出すと共に、新しい構想を立ち上げました。この、1876年に生産を開始した世界最古のプレスティージュ・キュヴェは、「クリスタル」と名付けられ、それ以来、クリスタルが持つ比類なき精巧さと上品さは、ルイ・ロデレールの卓越性を象徴し続け、高い評判を築き上げてきました。

1920年代には、後のオーナーとなるレオン・オルリー・ロデレールが、非常にバランスの優れた新しいワインを造り出すことに専念し、複数のヴィンテージを繊細に、かつ一貫してブレンドしていくことで、常に最高のクオリティをワインに保てるようにしました。これが現在の「ブリュット・プルミエ」の基礎となり、このとき培った繊細なブレンド技術が、メゾンの復興に大きく役立ちました。

彼の死後、1933年から、芯の強い女性として知られた元妻のカミーユ・オルリー・ロデレールがオーナーを引き継ぎ、その偉大なる知性と並外れた活力でメゾンの経営にあたりました。カミーユは競馬をこよなく愛し、世界で最も名高い厩舎のひとつを所有していました。同時に、彼女は見識ある芸術の支援者でもあり、シャンパーニュの陽気で楽しい側面も受け入れていました。ランスにあるロデレール所有のタウンハウスでは、壮大な宴が多く催され、彼女が主催したこれらのパーティーはメゾンの歴史に深い影響を与え続けたと同時に、ルイ・ロデレールのシャンパーニュの愉しみ方が、新しい世代のワイン愛好家たちの間に広まっていきました。

醸造家であり農学者でもあった、カミーユの孫、ジャン・クロード・ルゾーがメゾンの全経営を引き継ぎ、ブドウ畑及び栽培が強化されました。彼は、自身が持つブドウ栽培の専門知識を活かして、これまで以上に創意あふれるブドウ栽培を行い、メゾンの基本理念を忠実に実践しました。

独立した家族経営のスタイルを守り続けて、現在メゾンは、ジャン・クロード・ルゾーの息子であり、ロデレール家の7代目にあたるフレデリック・ルゾーのもとに経営が行われています。長きに渡って粘り強く、そして揺るぎない信念で作品を造り続けてきた結果、ルイ・ロデレールの年間輸出総量は今では300万本に達し、世界中でそのシャンパーニュが振る舞われています。

マルヌ渓谷のグラン・クリュ及びプルミエ・クリュ地帯のみに、合計240haの畑を所有。

自然なブドウ栽培

それぞれの土壌特性を考慮に入れた区画分離方式を採用することで、非常に成熟度の高いブドウを産み出すことができます。

素晴らしいメゾンを生み出した、深い洞察力と先見性。

1845年、ルイ・ロデレールはヴェルズネ村のグラン・クリュ畑から15haの区画を獲得し、栽培者になってワイン造りの全工程を極めようと考えました。当時はブドウ自体の価値が低かったので、彼の行動はかなり特殊なものに映りました。それ以降、ルイ・ロデレールのヴィンテージ付きワインはすべて自社畑のブドウのみを使用しており、これは、シャンパーニュ地方では非常に珍しいことです。そして、テロワールから、畑、区画、ブドウ品種に至るまで、多様性を求める動きが急速に浸透していきました。我々は、区画ごとに備わった独自の能力に注目し、それらを別々に買い集めることで独特なワインに仕上げる画期的な方法を編み出しました。この方法は、メゾンを継続的に発展させる上で、今でも重要な役割を果たしています。

2013年現在、ルイ・ロデレールの畑は合計で240haに及び、410もの区画を備えています。

偉大なシャンパーニュを生み出す、「土地」

土壌ごとの特性を考慮に入れつつ、ルイ・ロデレールが作り上げた独自の栽培方法を実践することで、ブドウは最適な成熟度に達します。

こうしたきめ細やかな作業を行う背景には、生物多様性に対する深い尊重と共に、近年重要視されつつあるビオディナミ農法への配慮があります。我々のブドウ畑は、モンターニュ・ド・ランス、ヴァレ・ド・ラ・マルヌ、コート・デ・ブランといった、3つの伝統的なシャンパーニュ地区に分散しています。これらの土地に備わっている潜在力及び多様性が、ワインを造る上で、幅広い要素と豊富な選択肢を与えてくれます。

 

メゾンが発展していくために重要な役割を果たす、画期的な方法。

ルイ・ロデレールでは、シャンパーニュの伝統的な3品種、シャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエを栽培しています。シャルドネはそのミネラル感、フィネス、上品さでよく知られ、また、ピノ・ノワールが持つ力強さはワインに骨格を与え、熟成に耐えうる能力が備わります。そして、ピノ・ムニエは他の2品種に比べて多少洗練さが抑えられている分、その優れた適応力が、特定のキュヴェに対して調和とまろやかさをもたらします。

収穫は区画ごとに行い、バケツを用いて細心の注意を払いながら手摘みで収穫後、それぞれの場所ですぐに圧搾を開始します。果汁本来の鮮やかな黄金色と透明感を損なわないよう、慎重に圧搾していきます。

各区画が持つ本来の力を活かした醸造。

的確にブドウを振り分け、区画ごとに醸造させることで、それぞれのブドウの産地や情報を管理することができ、ブドウ樹の1列1列に至るまで、その特徴を完璧に反映させることができます。こうして、区画間で自然なバランスが保たれると共に、ブドウ樹も外部からの影響を受けずに済みます。これが、ロデレールにおける最高品質のワインを造る秘訣です。

発酵槽や大樽の中でワインに新たな「生命」が宿ります。その生命に備わった品質(時には弱点も...)を、醸造家は精一杯成長させ開花させていきます。この段階で、ワインは濃厚感が一気に高まると共に、様々な果実味もあらわれてきます。発酵槽内の果汁は、毎日のテイスティングによって、香り、風味、その他の特徴ごとに分類されます。テイスティングチームによって得られた観測データは、すべて細かく記録されていきます。何度もテイスティングを繰り返し、分類をさらに深めることで、ワインは成長とともに、徐々にそれぞれ独自の個性を備えていきます。

クリュごとに備わった固有の特徴は、ブレンド前まで保たれます。